プロジェクト

 

アドバンセッド・メディカル・プロジェクトはバイオテクノロジーとバイオ化粧品会社の小さな保持です.私達の科学的な焦点はDNAの安定性、疾患と老化の役割です.私達は癌と他の疾患を治療するための診断と治療に積極的に取り組んでいます.最後に、老化に関連する疾患を治療しようとすると、私達の分子がナノカプセル化技術と組み合せました後で、通常の老化を遅くするためのすごい可能性を発見しました.だから、私達の化粧品はすごい強力です.ここでは、当社が積極的に働く全いろいろな領域について説明します。

老化症候群

DNA修復の減少は細胞老化の原因となると考えられています.この事実を確認するために、同時に細胞老化とDNA修復のいろいろなパラメータを研究しています.この理由で、私達は早期老化症候群を患っている患者に興味を持っています(ウェルナー症候群、コケイン症候群、先天性角化異常症、ダウン症候群).最大の寿命の低下、自発的な染色体切断の高レベル、小核の最も高い発生率、テロメラーゼ活性のレベルの減少、細胞周期の有意な延長には印象的なパラレルがあります.DNAの安定性とテロメア長は、老化や癌やいくつか形態の老化症候群で重要です.だから、私達は患者にテロメラーゼ活性を増大させることができる新しい生体分子を開発しています.これまで、結果(インビトロとインビボ)は非常に有望でした.だから、すでに病気のヒト細胞におけるテロメラーゼ機能を増大させることができる第一の薬剤の開発に取り組んでいます.最悪の場合には、当社の分子はこの患者に細胞変性を停止することができると思います.一方、恐らくその細胞変性の復帰をある程度誘導することができます.これは、初期の段階で診断するなら、私達は患者に通常の寿命を提供することができるかもしれないということです。

稀な癌

テロメアの短縮とヒト細胞の増殖性障害の相関関係を実証する多くの研究があります.各細胞分裂では、テロメアは50から200塩基対に短縮されています.テロメアが十分に短くなったときに、細胞は不可逆的に増殖停止に達します(細胞の老化).癌化するのに十分な変異を蓄積することができます前に、大部分の場合において、細胞は老化になります.短いテロメアによって誘導される成長停止は、強力な抗癌機構であることができます.当社はテロメアが急速に分裂する細胞を中で短縮誘導するのため方法を研究しています(癌細胞のような).癌いくつかの特定形態は、テロメアの短絡によってトリガーされたDNAの不安定性によってトリガされているので、染色体の安定と癌予防を確保するためのテロメラーゼ活性を増大するのを研究しています。

ナノテクノロジー

正確で効果的な方法で標的細胞に到達できない場合は、新しい薬剤の開発は、役に立ちません.ナノテクノロジーは、生物医学の革命になっています.当社は正確な細胞に薬物を送達することができる新しいナノ粒子を開発しています.このナノ粒子は異常細胞を認識することができます.このように、効率的にDNAおよびタンパク質を送達することができます.当社はいろいろなナノポリマーを使用しているので、放出速度を制御することができます.これは、未来に持続可能な治療を保証します.当社のナノ乗り物の多くは、脳関門を通過することができます.それで、将来にいくつかの脳腫瘍を治療することができるかもしれません.今日には、これは医師に到達不能です.最後に、表面に当社の分子をカプセル化したり、当社のナノデバイスを添付したりすることができます.それで、受容体と他の細胞膜とマーカ上に集中します。

遺伝的診断

遺伝性疾患の任意を治療は正確と早期の診断を要する.これは当社にとって非常に重要な領域です.当社は患者の遺伝子の1やいくつかの配列決定で希少疾患を診断するための新しいテストを開発しています.そして、いくつかの生体分子の存在と不在を検出するために、任意のシーケンシングなしに診断することができるいくつかのキットを開発しています.この技術は非常に限られているので、当社は大規模な配列決定技術に非常に興味を持っています (シーケンシングが遅いので、ごく少数の遺伝子を並列に配列決定することができます).一方、当社の関心は、速くて安価な方法で患者全ゲノムの塩基配列決定です.現在、最小のコストはヒト全ゲノムの配列を決定するために、50,000ドルです.使用可能な結果を生成するのを数ヶ月かかることができます.5,000ドルの下の費で1週以下で結果を生成することができるシークエンシング技術を生成するために、当社は民間と公的機関と提携しました.そのうえ、この技術は当社の研究室で100ゲノムまで1週間シーケンスすることができます.これは、任意の遺伝性疾患または素因を診断することができることを意味します.最初の商用プロトタイプは、2015に利用できるようになります。

アンチエイジング化粧品

テロメラーゼ低活性は老化の心臓部にあります.当社の分子のアプリケーションの1つは、寿命を増加させることです.化粧品用途は無限大です.ペプチドであるので、小さなサイズがあります.だから、皮膚に深く浸透することができます.ナノデバイスにカプセル化された当社のペプチドは、アンチエイジング治療として最良の組み合わせです(ヒト由来.それらに対する無反応.非アレルギー性)。

脆弱X症候群

脆弱X症候群は男性では継承された精神遅滞の最も一般的な形態です(男性3000中人1人).それも、女性では精神遅滞の重大な原因です(女性4000中人1人).脆弱X症候群のほぼ全例は、FMR1遺伝子の変化(変異)によって引き起こされます.DNAセグメントが拡張されます(CGGトリプレットリピート).通常、このDNAセグメントは約5−40倍に繰り返します.しかし、脆弱X症候群を有する人々においてCGGセグメントは、200回以上繰り返されます.FMR1遺伝子のCGGセグメントの異常な拡大はタンパク質精神遅滞(脆弱X)の産生を阻止します.このタンパク質の損失は、脆弱X症候群の徴候と症状をもたらします.男子と女子が影響を受けることができますが、男子は一つだけのX染色体を持っているので、単一の脆弱Xのほうが深刻です。

酸化ストレスはこの患者における大切な問題です.当社のX-Tocomir薬がすでに第III相臨床既に経過します(プラセボ対照群に対して).治療を受けた患者は、学習と行動と認知の能力に明確な改善を示します.2015年末までに、患者にこの薬を持参する予定です。

特発性肺線維症

肺線維症は、肺深部組織が厚く硬めになっている疾患です。瘢痕組織の開発が線維症と呼ばれています。肺組織が厚くなりながら、肺は血流の中を酸素を移動する能力を失います.その結果、あなたの脳および他の器官は、彼らが必要とする酸素を得ることはありません。いくつかのケースでは、医師は線維症の引き起こしを調べることができます。しかし、ほとんどの場合、彼らは原因を見つけることができません。これらの例は特発性肺線維症を呼び出します。IPFは中年や高齢者に影響を与える深刻な状態です。

IPFは、まだ治療法がありません。多くの人が診断後わずか約3〜5年を生きます。死の最も一般的な原因は次のとおりです:

•呼吸不全

•肺高血圧症

•心不全

•肺塞栓症

•肺炎

•肺がん

一部の人々は、遺伝子なので、IPFを発症する可能性が高いかもしれません(家族性特発性肺線維症)。今日、科学者はより迅速に診断することができます。彼らはまた、疾患の進行を遅らせることができるいくつかの薬を研究しています。これらの努力はIPFを持っている人々のための寿命および生活の質を向上させる必要があります。

筋ジストロフィー

筋ジストロフィーは、線維症と同様の生化学的および細胞経路を持っています。私達の抗線維化プログラムでは、我々は、この問題が発生することが防止可能性のあるペプチドを持っています。現在、ペプチドは、あまりにもこれらの疾患に苦しむ動物モデルにおいて開発中です。

コンタクト

  • IIB – CSIC
  • C/ ARTURO DUPERIER 4.
  • 28.029 MADRID, SPAIN
  • +34 91 830 59 50